パパ活は犯罪(違法)にはならないの?

パパ活詐欺
パパ活コラム【女性向け】

パパ活の内容を知ると、違法性がないように感じる人がほとんどでしょう。しかし場合によっては犯罪となる恐れもあるので注意が必要です。どんなケースが犯罪となってしまうことがあるのか見ていきましょう。

パパ活自体が犯罪なのか?

そもそもパパ活とは何かというと、「女性が肉体関係なしに年上の男性と食事や買い物をして報酬を受けること」と一般的には認識されています。問題となりそうなのは「肉体関係」というところでしょう。パパ活は基本的に肉体関係がないものとして認識されています。肉体関係がない以上、パパ活を犯罪と決めつけることはできません。ただ男性と女性が一緒に食事をしたり、買い物に行ったりしているだけであれば犯罪であるわけではありません。クリーンなパパ活をしていれば、少なくとも何らかの犯罪を犯していると言われることはないでしょう。

肉体関係がある場合は要注意

しかしパパ活をしている女性の中には、交際している男性と肉体関係を持ってしまう人もいます。この場合は通常のパパ活と状況が変わります。いわば報酬をもらって肉体関係を持っているということになるので、売春と認識される恐れがあるのです。肉体関係のあるすべてのケースでパパ活が売春と判断されるわけではありませんが、犯罪とされる可能性は飛躍的に高まると考えておくべきでしょう。さらに万が一パパ活をしている女性が18歳未満で、しかも肉体関係を持ってしまった場合には児童ポルノ法によって厳重に処罰されます。こちらは明らかに犯罪として処理されるということですね。

犯罪にならなくても注意が必要

パパ活が犯罪でなかったとしても注意が必要な場合があります。それは男性が既婚者だった場合です。多くの場合経済力のある男性は結婚しているものです。もしその男性と交際し、デートを繰り返しているとなると、その男性の奥さんから浮気を疑われてトラブルに巻き込まれる恐れがあります。この場合、肉体関係がなければ犯罪とはなりませんが、浮気をしていないという証明も難しいので、相手の奥さんから慰謝料を請求される可能性もあります。パパ活をしていく上では、ただ食事をしているだけだからと気を抜いてしまうのは危険です。相手の個人情報などもしっかり握っておいて、安全な人とだけ交際するようにした方がいいでしょう。

関連記事一覧